「沈黙」

遠藤周作の『沈黙』

一番最初に読んだのは高校生の頃だったと思います。

まだ親の庇護のもと、我儘気ままに楽しく過ごしていた学生時代でした。

そんな私にとってこの本は衝撃的でした。

まだ狭い世界しか知らない私ではありましたが、人間の本質とは…みたいな

事を考え、自分への課題を与えられたような気がしました。

それからも読み返すこと度々。

その都度、やはり心の琴線に触れる一冊です。

映画化され新しいカバーの文庫本が出ていたので、迷わず即買いしました。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

電話で問合せをする