就職してからのこと

ここからは少し私が社会に出てからの事を書きたいと思います。

 

短大卒業後、新卒で某大手メーカーの会社に事務職で勤めました。

20歳で新社会人、仕事を覚えるのに毎日必死で厳しさも痛感しましたが、

働くことで自分を築けた部分も大きかったです。

 

私が勤め始めた頃は、バブル崩壊後…

好景気が一転、いきなりの不景気に社会にも変化が訪れている時でした。

倒産や民事再生…ニュースでよく耳にしました。

私が勤めた会社でも前年比割れ赤字となり、入社早々厳しい状況でした。

そこでボーナスが支給されるも、ほぼ同額の自社製品社員買いのお達しがあり…

ベテラン社員には早期退職優遇措置もありました。

 

2年目は更に不景気も加速…勤め先でも色々な噂を耳にするようになり、

営業所の統合や閉鎖も現実味を帯びてきはじめました。

年が明けてしばらくすると、新たな会社の方針が発表されました。

噂の統廃合はやはり現実となり、それだけではなく社員全員に転勤の可能性を

示唆するものでした。

 

今後グループ会社全体で人員採用はせず、欠員が出たら現在在職中の社員を

勤務させるというものです。グループ全体で補充しあう方針でした。

グループ会社は100社以上確実にあり、どこへ異動となるかはわからない、

勤務先も選べない。

私はグループの家電会社に勤めておりましたが、他にどんな会社があるのかも

よく理解出来ておらず、社会人2年目にして退職を決めました。

営業所内の女性社員半分以上は退職を決断、残留を決めた方は半年以内に

グループ他社や他営業所へと異動となりました。パート採用の方は解雇でした。

大企業だから安定しているとは限らない…と痛感しました。

 

そして今年に入り、そのメーカーの一部上場から二部への降格のニュースが流れました。

会社に残留して今も勤めている同期入社の友人から、当時より厳しい事情を耳にしており、

今も頑張っている当時の仲間達に陰ながらエールを送っています。

 

大手・有名・一流企業  拠り所にするには心もとない存在です。

 

9月迄の期間限定メニューはこちらをどうぞ♪

 

2017-09-11 | Posted in ◆ブログNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment