福岡市博物館

福岡市博物館の特別展

神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の 『驚異の世界展』 を観に行ってきました。

ルドルフ2世…政治よりも芸術や学問への興味が強い方だったらしく、

絵画や天文学、それから錬金術までその当時のありとあらゆる最先端を

網羅しているコレクションで、観ていてもワクワクしました。

 

ガリレオの地動説がまだ異端であった時代だと思いますが、

天文学の書物や天体図、天体望遠鏡はその当時の常識とされていた

天動説の矛盾を追及しようとしていたのではないのでしょうか。

また、普通の鉱物から金を作り出そうとする “錬金術”

成功することはありませんでしたが、その過程で硫酸などの物質が

発見されており、後世への恩恵となっています。

 

四季の果物や野菜でつくられた顔

特別展示の俳優で芸人の片桐仁さんの作品

野菜や果物で合成された私の顔

夕方に博多に着いてから、KITTEで食事をしました。

眼下に博多駅前のイルミネーション

“知りたい” と思う人間の探求心を感じた一日でした。

 

2017-11-27 | Posted in ◆ブログNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment