エステティシャンの宿命

先日受けた講習での師匠からの一言

 

『エステティシャンは絶対にお客様よりキレイにはなれません。』

 

この言葉は師匠の恩師からのお言葉だそうで…私たちにもお告げが下りました。

 

講習を受けているサロンオーナー全員が肌理論を一から徹底して学んでいます。

なぜ私たちはお客様よりキレイにはなれないのか…その理由も皆理解していました。

 

私を含め他のサロンオーナー様も、まずは自分の肌をきちんと整えてお客様をお迎えすること

お客様が自分たちの肌を見て安心して頂けるように、自分の肌にも日々向き合っています。

お手入れの頻度も場合によってはお客様より多いかもしれません。

自分自身の肌と向き合い、肌理論に基づいて自分で手入れをしています。

…そう、自分で。

 

自分の肌を見て触れて感じて、肌理論に基づいた施術方針と工程を立てて自分で手入れをする。

これではどんなに努力をしても、お手入れ中ずっと頭がフル回転。

お客様と同じお手入れをしていてもリラックスをした状態になるはずもなく、手を動かし頭を使い

パック中も時間を見ながら片づけをしてと交感神経優位のまま。

肌に栄養と酸素を供給する血流のほとんどが脳に集中して流れます。

 

お客様はベッドでゆっくりとリラックスした状態で施術を受けられます。

施術の途中で眠られる方がほとんどです。まさにそこが肝心なのです。

施術中は呼吸が穏やかになり、ゆったりとした副交感神経優位の状態になります。

脳が休んだ状態になると身体の各所へ血液が流れはじめ、肌にも栄養が行き渡り新陳代謝を促します。

 

寝ている間のお手入れ…これは人の手でないと出来ません。

だからエステティシャンは、お客様よりキレイになれない宿命なのです。

2018-03-29 | Posted in ◇サロンNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment