血管年齢

週末は久々に冷えましたね(-“-)

今週はまた暖かくなり、夏日になるとの予報( ゚Д゚)

体調管理に気を付けないといけませんね(^-^)

 

ところで、『人は血管から老いる』と言われているのはご存知でしょうか。

血管は全身に酸素と栄養を送るパイプラインで、年齢と共に動脈硬化などが

進むと血流が滞り、肌や身体の老化を進めることになります。

 

血管年齢を若く保つには、食生活・運動・睡眠等の日常生活を見直し、

健康な生活習慣へと改善する必要です。

『食生活・運動・睡眠』は健康三点セット!(^^)!

 

食生活では栄養素をバランスよく摂取するのはもちろんですが、いわし、さんま、さばなどの

青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸は、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす作用が

あるので積極的に摂るようにすること。

 

また摂取を控えたいのは、マーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸。

こちらは悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らすので動脈硬化を促進させてしまいます。

市販の菓子パンや焼き菓子にも含まれていることがあるので、原材料をチェックしてみて下さいね。

 

そして運動は全身の血行を促し新陳代謝を高め、血管の老化を防ぐ働きがあります。

適度な運動を習慣にすることが理想的です。

 

また睡眠不足になると、血糖値が上がり血管がダメージを受けることがわかっています。

質の良い睡眠は身体全体のケアとなりますので、規則正しい睡眠を心掛けて行きたいですね(*^^*)

2018-04-10 | Posted in ◆セルフケアNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment